中囿義光展 30日から開催です

2018.06.14|お知らせ, 中囿義光, 展示会

先日入梅し、ジメジメとした日が続きましたが、ここ数日の京都は日差しがあっても風が心地よく抜けるとても快適な日が続いています。京都の街歩きの際にはどうぞお気軽にお立ち寄りいただければ嬉しく思います。

さて、本日は今月末30日から開催の「中囿義光 展」のお知らせです。

「中囿義光 展」

————————————————-
会期:2018.6.30(土) ~ 7.8(日)   7.3日(火)は店休日です。
営業時間:11時~19時
作家在店日:6.30(土)
————————————————-

中囿さんは愛知県を拠点に制作活動をされている作家さん。

「お気に入りの服を身につけた時に得る満足感のように、お気に入りの器は生活に色と楽しみを与えてくれる。自分色に器を育て、生活を楽しむために・・・」そんな暮らしを始めるための作品を心掛けています。
と、中囿さん。

金彩、銀彩。
なんとなく煌びやかな響きですが、さりげなく嫌みなく自然に作品に取り入れる。彼の感度の高さがほとばしる作品たちが展示されます。どうぞこの機会にご覧いただき、中囿さんの器の世界を感じていただきたいです。

たくさんのお問い合わせをいただき、誠にありがとうございます。

 当店は古くからの住宅が建ち並ぶところにあり、ご近所の方々は静かにお過ごしですのでお越しのうえお待ちの際はなるべくお静かに願います。

・作品のお選びについて
作品をお選びになる際に多くの作品を抱え込まれますと、“陶器”という繊細な性質上、またご覧になる他のお客様のご迷惑となりますのでお止めください。

・配送について
個展初日は作品の配送、およびギフト包装は承れませんのでご了承ください。

いつもあれこれと申しますが、皆さまに楽しく作品をご覧いただけるようにと考えてのこととご理解をいただきまして、どうかご協力を賜れますようお願いを致します。

どうぞこの機会に中囿さんの器の世界をご堪能いただければと思っております。皆さまのお越しをお待ちしています。